Saya

criticism

A small puddle of water interrupts the stark monotony of an asphalt surface. A memory of a rainstorm, it is a watering hole for wild animals and an incubator for microscopic insect eggs. The water is dark, muddy in its deepest parts and characterized by heterogeneous opaque spots on the surface. Perhaps it is dust, or pollen, or even soil particles too light to sink. The surface is thus transformed into something heterogeneous, a compact aquatic mass that hides within it a veritable treasure trove of colors. Colors, indeed. Clouds, perhaps the remaining vestiges of the storm, move fast across the sky and are reflected in that battered puddle. They coat the mirrored surface in pure white and turn the opaque blanket into a reflection of sky. And evening comes. A fiery sky shows an impetuous sun, eager to be admired after having spent a day covered by masses of clouds. A hole in the asphalt. The road is interrupted by a small and deep chasm: inside it the colors of the sunset, then of the twilight and then of the night. A succession of chromatic changes that take us first to hell and then to the quiet of the dark. A battered pool of water, ephemeral in its brief existence and destined to evaporate within a few hours, gives us this unprecedented emotion. Saya knows it, she is aware of the wonder of nature and its colors that is hidden even under elements of dubious beauty. She manipulates the color giving it dignity, she applies on the canvas and elevates the raw and opaque grayness of the asphalt to an element rich in meaning, she gives an ephemeral beauty to that muddy puddle on which before we lingered borrowing its colors and its shades.

Saya collects that glow of wonder hidden in every natural element and turns it into an ethereal and delicate chromatic dance. Amoebas of color stand out on the canvas producing shapes and shadows so delicate that they seem to be moved at every impertinent gust of wind. In Kurage, pinkish patches of color confront patches of powdery brown tones and are then immediately juxtaposed with darker elements, Prussian blue blocks that envelop the entire composition. Like jellyfish that swim along with a docile but constant cold sea current, these blocks of color take up all the space available to them, juxtaposing and clustering together, inevitably producing new shades and unique chromatic contaminations. The color is ethereal, extremely labile and transparent, with an ephemeral flavor - like the water in that puddle - and yet it urges us to observe pure color, its expressive and emotional capacities. We see jellyfish in these stains or transparent amoebas magnified by a lens, or even ethereal strips of silk moved by the wind. Saya borrows the color from nature, the color hidden behind the dirt, the mud and the monotony of a landscape that we are used to seeing and transforms it, turning it into a creative tool capable of creating a wonderful and ephemeral color dance that resonates in our souls.


Art Curator Lisa Galletti

単調なアスファルトの上に、小さな水たまりができています。それは、雨の名残であり

野生動物の水飲み場であり、微細な昆虫の卵の孵化の場でもある。

水は暗く、水は暗く、深いところでは濁っていて、表面には不均質な不透明な斑点があるのが特徴である。おそらくそれは埃や花粉、あるいは軽すぎて沈まない土の粒子かもしれない。


表面はこのようにして何かにトランスフォームする。

不均質なものに変わり、コンパクトな水の塊となり、その中には言わば色の宝庫が隠れている。そう、確かに色だ。


雲、嵐の名残であろう雲が空を高速で移動し、そのボロボロの水たまりに映る。

それは純白に鏡面化し、不透明なブランケットを空の反射に変えてしまう。 

そして夕刻がやってくる。

燃えるような空は、大量の雲に覆われて一日を終えた、感動の熱烈な太陽を見せつける。


アスファルトに水たまりがある。

その中には、夕焼けの色、薄明かりの色、そして夜の色がある。

色の半音階的な変化の連続は、私たちを最初は奈落へ、次に暗闇の静けさへと連れて行く。

儚い存在であり、数時間で蒸発する運命にあるこの水たまりは、私たちにこれまでにない感動を与えてくれる。

Sayaは知っている、怪しい美しさの下にも隠されている自然とその色の素晴らしさに。


彼女は色を操り、色に尊厳を与え、色をキャンバスに走らせ、アスファルトのそのままの不透明な灰色を、意味のある要素へと昇華させていく。

Sayaは、あらゆる自然の要素に隠された不思議な輝きを集め、それを空気のような極めて優美な繊細な色彩のダンスに変えています。

色彩のアメーバがキャンバス上に浮かび上がり、風が吹くたびに動くような繊細な形と影を作り出す。「Kurage」では、ピンクがかった色のパッチが粉っぽい茶色のパッチと対峙し、暗い色プルシアンブルーのブロックと構成されています。プルシアンブルーのブロックが構図全体を包み込んでいます。従順に儚く優美な冷たい海流に乗って泳ぐクラゲのようにキャンバスに生きています。

離れたり集まったりして、必然的に新しい色合いやユニークな色調の混じり具合を生み出します。

その色は、水たまりの水のように、はかない風情であり極めて不安定で透明です。

しかしそれは、純粋な色、その表現力や自分たちの感性の力を観察するよう私たちに促します。

その表現力と感性。私たちは、この色の混ぜ具合の中にクラゲを見たり、レンズで拡大された透明なアメーバを見たり、あるいは風によって動かされたエーテルのような、風に揺られて動く絹の帯のようにも見えます。

Sayaは自然から色を借りています。


私たちが見慣れている風景の土、泥、単調さに隠された色を自然から借りて、それを変形させて魂に響く素晴らしく儚い色のダンスを生み出すことができる創造的なツールに変えてしまうのです。




アートキュレーター

リサ・ガレッティ

10th September,2021


彼女は、以前私たちがその色と影を映していただけの泥だらけの水たまりに、はかない美しさを与える。